iPhone・iPad ― バッテリーの劣化を調べる方法

iPhone・iPadのバッテリーの劣化を調べる方法をご紹介します。

スポンサード リンク

iPhone・iPadのバッテリーは劣化する

iPhone・iPadを長く使っているとバッテリーが徐々に劣化し、充電できる最大容量が少なくなってきます。

iPhone・iPadを使う頻度にもよりますが、1年以上使っている端末であれば現在のバッテリー容量を調べておきたいところです。

バッテリーの最大容量が80%未満になった場合、バッテリーを交換する時期の目安になります。

iPhone・iPadのバッテリー劣化を調べる方法

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」の順にタップします。

Check battery deterioration iphone ipad3

【最大容量】の項目をバッテリー容量のパーセンテージを確認します。

Check battery deterioration iphone ipad1

バッテリーの状態が著しく劣化している場合、右上のスクリーンショットのように「バッテリーに関する重要なメッセージ」が表示されます。

このメッセージが表示されていたら、バッテリーを交換しても良いタイミングと判断して良いでしょう。

バッテリー最大容量の80%以上は有償交換

トリゾー

AppleCare+に加入済みの場合、バッテリー容量80%未満で無償交換の対象となりますが、2年間毎日ハードにiPhone・iPadを使っても、80%未満に達しないこともあります。

上記の基準に満たない場合、有償でバッテリー交換をすることができますので、以下の記事を参考にバッテリー交換を検討してみてください。

AppleCare+ に入るべき?料金・条件・保証内容まとめ

スポンサード リンク