アップルストア、新型コロナ対応のため一時休業。営業再開日は未定

MacBook Air(2020)は買うべき?おすすめカスタマイズは?

Appleは、2020年3月18日に新型MacBook Air(2020)を発表しました。

MacBook Air(2020)は買うべきか?それとも今後の新機種を待つべきなのか?をまとめてみました。

これから購入を検討されている方は是非参考にしてください。

スポンサード リンク

MacBook Air(2020)は Mac初心者におすすめ

結論から言うと、MacBook Air(2020)は、前モデルよりもコストパフォーマンスに優れており、これからMacを使い始めるユーザーにおすすめのノートパソコンです。

インターネットや動画視聴はもちろん、文書作成、動画編集、画像編集などの作業も幅広くこなす性能を持っています。

Apple(アップル)
¥115,280 (2020/07/14 02:27:27時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめする理由を以下にまとめます。

おすすめな理由
  • 値下げされて購入しやすくなった
  • プロセッサ・メモリ・グラフィックス性能が飛躍的にアップ
  • 高解像度Retinaディスプレイで画面が美しい
  • 動画編集もできる
  • 13インチで持ち運びしやすい
  • 自宅・外出先で使える
  • 周辺アクセサリーが充実している

MacBook Air(2020)は、旧モデルの標準機種より5,000円〜15,000円値下げされました。

値下げされたのにもかかわらず、性能的には大幅アップ。

旧モデルと比較すると、プロセッサ(CPU)は最大2倍になり、グラフィックスは最大80%アップ標準のストレージ容量も2倍メモリ性能もアップしています。

さらにオプション購入でプロセッサ(CPU)をデュアルコア(2つのコア)からクアッドコア(4つのコア)に変更可能となりました。

クアッドコアプロセッサにカスタマイズすれば、複数のアプリを起動した並行作業が快適になり、動画の書き出し時間を大幅に短縮できます。

さらに「Blackmagic eGPU」などの外付けGPUを接続すれば、さらに動画の書き出し時間を短縮することも可能です。

メモリは最大16GB、SSDのストレージ容量は最大2TBまでカスタマイズすることができ、動画のようなサイズ大きいファイルも外付けハードディスクがなくても保存できます。

但し、動画編集メインでMacBook Air を使う場合、マシン本体が発熱しやすい問題もあるため、MacBook Pro を使った方が快適ですが、時々動画編集をするくらいであれば MacBook Air(2020)で充分に仕事をこなせます。

また、MacBook Air(2020)の大きさは13.3インチ、重量は1.29kgと比較的軽く、バッグに入れて持ち運ぶこともできます。

13インチは対応する周辺アクセサリーが多く発売されているので、様々なメーカーのアクセサリーを使うことができます。

著者コメント

13インチ以上の大きいサイズになると、対応するアクセサリーの種類も極端に少なくなります。

MacBook Air(2020)を購入するメリット・デメリット

MacBook Air(2020)の特徴をひと目でわかるようにまとめてみました。

以下のように旧モデルよりもメリットだらけの神アップデートであることは一目瞭然です。

メリット
  • プロセッサ(CPU)性能アップ
  • メモリ(RAM)性能アップ
  • グラフィックス(GPU)性能アップ
  • 撃ちやすいキーボード「Magic Keyboard」搭載
  • Bluetooth 5.0 搭載
  • 基本ストレージ 容量アップ
  • マイク・ステレオ 性能アップ
デメリット
  • 0.5mm大きくなった
  • 40g重くなった
  • バッテリー持ちが1時間短い
  • Wi-Fi 6 非対応(iPad Pro 2020 は対応)

クアッドコアCPU・16GBメモリ・2TBストレージに拡張可能

MacBook Air(2020)のカラーバリエーションは、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色がラインナップされています。

最も安く購入できるエントリーモデルは、デュアルコアCPU(Core i3)+メモリ8GB+ストレージ256GBの構成で、104,800円 (税別)から購入できます。

カラーは3種類
  • スペースグレイ
  • ゴールド
  • シルバー
最も安い機種
  • Core i3+256GB:104,800円 (税別)から
  • その他オプション追加可能
選べるオプション
  • 4コアCPU(Core i5/i7)
  • 16GB メモリ
  • 512GB/1TB/2TB SSD

MacBook Air(2020)は買う価値のあるノートブック

あとがき

MacBook Air(2020)は、Mac初心者やこれからMacを使い始めるユーザーにとってコストパフォーマンスの高いノートパソコンです。

MacBook Air(2020)のCPU、メモリ、ストレージは購入後に追加・変更することはできないので、メモリはなるべく16GB、CPUはクアッドコアにカスタマイズして購入することをおすすめします。

ちなみにストレージも容量が多ければ多いほど作業は快適ですが、予算の都合で難しい場合は必須ではありません。カスタマイズしなくても外付けハードディスクなどで対応可能です。

Apple(アップル)
¥115,280 (2020/07/14 02:27:27時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサード リンク