Apple Watch – 電源オフ・再起動する

Apple Watch の電源オフと強制再起動する方法をご紹介します。

Apple Watch本体の調子が悪い、反応しないなどの症状がみられた時は、Watch本体の再起動で症状が解決する場合があります。

スポンサード リンク

Apple Watch 電源オフ(再起動)

Apple Watch の電源を切るにはWatch本体のサイドボタン長押しすると「電源オフ」ボタンが表示されます。

電源オフ」ボタンを右にスライドさせると、電源をオフにすることができます。

サイドボタンを押して電源オフ

電源をオフにした後、再度サイドボタンを押すと電源オンになり、再起動することができます。

Apple Watch 強制再起動

Watch本体が反応せず、やむを得ず強制的に再起動したい時は、Watch本体のデジタルクラウンサイドボタン両方同時に長押しします。

デジタルクラウンとサイドボタンを長押しして強制再起動

両方のボタンを数秒長押し、画面が真っ暗になってAppleロゴが表示されたらボタンを離します。以上の操作で、強制再起動は終了です。

アップデート中の強制再起動は絶対しない

著者コメント

Apple Watch のwatchOSをアップデート中に関しては、絶対に強制再起動は実施しないようにしてください。

Apple Watchのアップデートは、iPhone・iPadと比べても、かなり時間がかかります。

Watch本体のアップデート中に表示されるAppleロゴと、進捗状況を知らせるリングが360度回ってアップデートが終わるまで再起動は実施しないようにしましょう。

スポンサード リンク

困った友達に教えてあげよう!

error: Content is protected !!