Apple Watch ― 手洗いタイマーの使い方

Apple Watch の「手洗いタイマー」の使い方をご紹介します。

スポンサード リンク

手洗いタイマーとは?

「手洗いタイマー」は、Apple Watchで手洗いを検出して20秒間カウントダウンする機能です。

手洗いを20秒間続けると、ウイルスを覆う膜を溶かして水で洗い流すことができると言われています。

手洗いタイマーの設定方法

「手洗いタイマー」の設定は、「設定」>「手洗い」の順にタップし、「手洗いタイマー」機能を有効にします。

手洗いタイマー

手洗いタイマーの使い方

「手洗いタイマー」をオンにしたら、実際に手洗いをしてみましょう。

Apple Watch が手洗いを検知して、20秒間カウントダウンしてくれます。

手洗いを20秒間カウントダウン

しっかり20秒以上手洗いをすると「いいですね」と表示されます。

手洗いが20秒未満になると、「20秒手を洗うことで、病気の原因になる最近を消毒することができます」というメッセージが表示され、最後まで洗うように促されます。

正しい手洗いができる

著者コメント

手洗いで細菌やウイルスをしっかり洗い流すためには、20秒以上洗い流すことが必要となるため、Apple Watchの「手洗いタイマー」はとても役立ちます。

是非お試しください。

スポンサード リンク

困った友達に教えてあげよう!