トップニュース ▶ Apple Japan、Mac登場シーンを集めた新CMをYouTubeで公開

iPhone・iPad ― 定期購読(月額課金・サブスク)を解約する手順

iPhone・iPadで月額・年額課金で契約している定期購読(サブスクリプション)を解約する手順をご紹介します。

スポンサード リンク

サブスクリプションとは?

App Storeで販売されているアプリには「買い切り」型のアプリと、「サブスクリプション」型のアプリがあります。

「買い切り」型のアプリは一度購入してしまえば、サービス終了まで課金することなくアプリを使用できます。

一方「サブスクリプション」は、月額もしくは年額で課金(定期購読)してアプリを使用することができます。

「サブスクリプション」は、購読期間中は常にアプリがアップデートされるため、不具合の修正や最新機能のサポートを受けることができます。

しかし、定期購読しているアプリを使わなくなった場合、ユーザーが解約しない限り課金され続けるため注意が必要です。

買い切り型の特徴
  • 支払いは購入時のみ
  • サービス終了後はサポート対象外に
  • 解約手続きの必要がない
サブスクリプションの特徴
  • 支払いは月額・年額課金
  • 購読中は常に最新アップデートあり
  • 使用しない場合は解約手続きが必要

サブスクリプションを解約する手順

iPhoneの「設定」を起動し、「Apple ID」>「サブスクリプション」の順にタップします。

設定でサブスクリプションを選択する

次にサブスクリプション一覧に表示されたサービスの中から、解約したいサービスを選択します。

続けて「サブスクリプションを解約する」をタップします。

サブスクリプションを解約するボタンをタップ

キャンセルの確認をします。問題がなければ「確認」ボタンをタップしてサブスクリプションを解約します。

キャンセルの確認をする

サブスクリプションをキャンセルすると、解約したサービスのアイコンの下に「何月何日に終了予定」と表示されます。

定期購読をキャンセルしてもすぐに使えなくなるのではなく、契約終了期間までサービスを利用することが可能です。

年額課金は自動更新前に解約を!

あとがき

年額課金しているサブスクリプションの解約は、更新日を過ぎると1年間の利用料金を支払う必要があるため、必ず更新日の前に解約しましょう。

定期購読の解約を忘れないようにカレンダーアプリやタスク管理アプリにメモしておくと便利です。

Mac ― 有料アプリ(定期購読)を解約する方法

スポンサード リンク