YouTube ― 10秒ずつ早送り・巻き戻しする方法(iPhone・iPadアプリ)

iPhone・iPadアプリの「YouTube」で、再生中の動画を10秒ずつ早送り・巻き戻しする方法をご紹介します。

動作の再生位置を調整するシークバー(スライダー)を指で動かさなくても、簡単に10秒ずつ早送り・巻き戻しができます。

スポンサード リンク

iPhone・iPadで簡単に動画を早送り・巻き戻しする方法

iPhone・iPadアプリで YouTube動画を再生しているときに少しだけ早送り・巻き戻ししたい時があります。

画面下のシークバー(スライダー)を指で動かして早送り・巻き戻しすることもできますが、手間と時間がかかって面倒です。

今回はiPhone・iPadアプリの「YouTube」で簡単に早送り・巻き戻しする方法をご紹介します。

YouTubeYouTube
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント


ポートレートモード(縦向き)で早送り・巻き戻し

やり方は簡単です。

ポートレートモードでYouTube動画を「巻き戻し」するときは、画面左端の部分を指で「トン・トン」とダブルタップします。

動画を「早送り」する時は、画面右端を「トン・トン」とダブルタップします。

ポートレートモードで10秒ずつ早送り・巻き戻しする手順

以上の操作で、簡単にYouTube動画を10秒ずつ早送り・巻き戻しすることができます。

ランドスケープモード(横向き)で早送り・巻き戻し

ランドスケープモード(横向き)で動画を「早送り・巻き戻し」する方法も上記と同じ操作になります。

動画を10秒ずつ早送りしたい時は、画面右端の部分をダブルタップします。

ランドスケープモードで10秒ずつ早送りする手順

動画を10秒ずつ巻き戻ししたい時は、画面左端の部分をダブルタップします。

ランドスケープモードで10秒ずつ巻き戻しする手順

画面端をダブルタップするだけで簡単に早送り・巻き戻しできる

あとがき

以上に紹介した方法を使えば、YouTube動画を10秒ずつ正確に早送り・巻き戻しすることができます。

とても便利な小技ですので、是非お試しください。

YouTube ― 再生速度を変更(速く・遅く)する方法

スポンサード リンク