iCloud – 料金プラン・ストレージ容量 まとめ

iCloudで使えるストレージ容量や料金プランをご紹介します。

iCloudはデータの保存・同期・共有のほかにも、iPhone/iPadのバックアップ・復元、紛失したiPhoneを探す・データを消去するなど便利な機能を使うことができます。

スポンサード リンク

iCloudとは?

iCloud(アイクラウド)とは、Appleが提供するクラウドサービスです。

Icloud storage plans pricing setting2

iPhone・iPad・Macのデータをインターネット上の「iCloud」に保存し、すべての端末でデータを同期共有することができます。

iCloudを使ってできることは?

iCloudは、写真・メール・連絡先などのデータを保存するだけではなく、同じ「Apple ID」でサインインした全てのデバイスでデータを同期することができます。

またiPhone・iPadのバックアップや復元、紛失したiPhoneを探したり、iCloudのストレージを家族と共有することもできます。

iCloud(無料)
  • iCloudバップアップ
  • 写真の保存・同期
  • メールの保存・同期
  • 連絡先の保存・同期
  • カレンダーの保存・同期
  • メモの保存・同期
  • リマインダーの保存・同期
  • Safariの保存・同期
  • メッセージの保存・同期 など
iCloud+(有料)
  • iCloudプライベートリレー
  • メールを非公開
  • カスタムメールドメイン
  • HomeKitセキュアビデオのサポート
  • 最大5人の家族で共有

iCloudの料金プラン・ストレージ容量

「iCloud」のストレージは、5GBまでは無料で利用することができます。

5GBを超えるデータを保存するときは「iCloud+」にアップグレードする必要があり、以下の月額料金がかかります。

  月額料金家族と共有
5GB無料できない
50GB130円できる
200GB400円
2TB1,300円

2021年9月より、iPhoneの機種変更時のバックアップ用途に限り、最大で21日間 iCloudを容量無制限で利用することができるようになりました。

iCloudを利用する手順

iCloudを利用するためには、「Apple ID」を作成します。

次に「Apple ID」を作成したメールアドレス・パスワードを使って「iCloud」にサインインして利用します。

iCloudストレージの容量を変更する手順

設定」> 自分のアイコンの横にある名前をタップし、「iCloud」を選択します。

iCloudを選択する

次に「ストレージを管理」>「ストレージプランの変更」をタップします。

ストレージプランの変更をする

購入したいストレージプランを選びます。現在契約しているストレージ容量を減らしたいときは「ダウングレードオプション」をタップします。

ダウングレードオプションを選択する

iCloudはいつでもどこでも使える!故障の心配もない

あとがき

iCloudは、オンラインストレージのため、いつでもどこでもデータを保存・呼び出し・共有することができ、外付けハードディスクのように物理的な故障の心配もありません。

また、iPhone/iPadのバックアップ・復元、紛失したデバイスを探したりする便利な機能も使えます。

Apple製品を使うのであれば、iCloudを有効活用すると便利です。

スポンサード リンク
困った友達に教えてあげよう!

error: Content is protected !!