Mac - eGPUを優先的に使うための設定

Macに接続したeGPU(外部GPU)を優先的に使う方法をご紹介します。

スポンサード リンク

eGPU(外部GPU)とは?

eGPU(外部GPU)とは、外付けのグラフィックプロセッサのことです。Macのグラフィックス性能が飛躍的に向上し、プロ向けのアプリケーション、3Dゲーム、VRコンテンツ制作を快適に行えるようになります。

eGPU(外部GPU)に対応するMacとは?

MacでeGPU(外部GPU)を使用するには、macOSのバージョンが「macOS High Sierra 10.13.4」以降であること、Thunderbolt 3(USB-C)を搭載したMacが必要となります。

Thunderbolt 3(USB-C)を搭載したMac
  • iMac Pro
  • iMac(2017年以降)
  • Mac mini(2018年以降)
  • MacBook Pro(2016年以降)
  • MacBook Air(Retina,13インチ,2018年以降)

eGPU(外部GPU)を使うための条件

MacでeGPUを使用するときは、Appleが推奨するグラフィックカードThunderbolt 3 拡張ボックスを選ぶことが重要となります。

また「MacBook Pro」を使っている場合は、eGPUの「Thunderbolt 3 拡張ボックス」が給電能力に優れていること、またグラフィックカードを実行しながらコンピュータ本体の充電ができるものを選ぶ必要があります。

eGPU(外部GPU)を優先的に使う方法

まず、eGPU(外部GPU)を優先的に使用したいアプリケーションを選択します。

アプリケーションを選択

次にコンテキストメニューを表示させ、「情報を見る」をクリックします。

情報を見る

【一般情報】の下段にある「外部GPUを使う」にチェックを入れます。

外部GPUを優先

以上の操作で、任意のアプリケーションを外部GPUを優先的に使うように設定することができます。

おすすめのeGPUは「Blackmagic eGPU」

「Blackmagic eGPU」は、Apple と Blackmagic Design が協力して設計した「Thunderbolt 3」対応の一体型 eGPUです。

Blackmagic eGPU

「Blackmagic eGPU」は、「Radeon Pro 580 グラフィックプロセッサ」と8GBのDDR5メモリを搭載し、27インチのiMacに匹敵するグラフィックス性能が得られます。

Blackmagic eGPU Pro

「Blackmagic eGPU Pro」は 「Radeon RX Vega 56 グラフィックプロセッサ」と8GBのHBM2メモリを搭載し、iMac Pro に匹敵するパフォーマンスを発揮することができます。

上記の「Blackmagic eGPU」の通常版とPro版は、グラフィックス性能を向上するだけでなく、MacBook Air や MacBook Pro を85ワットで充電できます。

トリゾー
僕は現在13インチのMacBook Pro に「Blackmagic eGPU」を接続して使用していますが、eGPUを選び間違えず、快適に使うなら「Blackmagic eGPU」をおすすめします。
スポンサード リンク
スポンサード リンク