Mac ― Sidecar(サイドカー)の使い方。iPadをサブディスプレイに

「macOS Catalina(カタリナ)」で搭載された新機能「Sidecar(サイドカー)」の使い方と設定方法をご紹介します。

スポンサード リンク

Sidecar(サイドカー)とは?

Sidecar(サイドカー)は、「macOS Catalina(カタリナ)」で搭載された新機能です。

Macのデスクトップを拡張し、iPadを2台目のディスプレイとして利用できます。

MacとiPadでSidecar(サイドカー)を利用するには、以下のシステム条件を満たしている必要があります。

Sidecar(サイドカー)が使えるiPad・Macの機種は?

Sidecar(サイドカー)が利用できるiPad・Macのシステム条件は以下の通りです。

macOS Catalina に対応した MaciPadOS 13 に対応した iPad
MacBook Pro(2016年以降)iPad Pro(全モデル)
MacBook Air(2018年以降)iPad(第6世代以降)
iMac(2016年以降)
iMac(Retina 5K, 27インチ Late 2015)
iPad mini(第5世代)
iMac ProiPad Air(第3世代)
Mac mini(2018年以降)
Mac Pro(2019年以降)

またMacとiPadが同じWi-Fiに接続されていること、同じApple IDでサインインされていることが必要条件となります。

Sidecar(サイドカー)の使い方

Sidecar(サイドカー)の使い方について説明します。

MacとiPadを接続する方法

まず「システム環境設定」を起動し、「ディスプレイ」をクリックします。

Mac sidecar7

次に【ディスプレイ】タブを選択した状態で、「使用可能な場合はメニューバーにミラーリングオプションを表示」にチェックが入っていることを確認します。

Finder

このチェックが有効になっていないと、メニューバーに「AirPlay」アイコンが表示されないので注意しましょう。

Mac sidecar5

メニューバーの「AirPlay」アイコンをクリックし、接続先のiPadの名前をクリックします。

Mac sidecar4

すると、このような感じでiPadのディスプレイにMacの画面が表示されます。

Mac sidecar2

Macの画面にあるファイルをドラッグ&ドロップで、iPadのウィンドウに移動させることも可能になります。

MacのウィンドウをiPadのウィンドウに移動する方法

MacのウィンドウをiPadに表示させたい時は、任意のウィンドウの左上にある緑のボタンを長押しクリックし、「iPadに移動」の項目をクリックします。

Mac sidecar1

すると、このようにMacの任意のウィンドウをiPadに表示させることができます。

Mac sidecar6

MacとiPadを接続解除する方法

Sidecar(サイドカー)の接続を解除するときは、メニューバーの「AirPlay」アイコンをクリックし、「接続解除」をクリックすればOKです。

Mac sidecar3

Sidecar(サイドカー)でMacの作業効率が飛躍的に向上

トリゾー

Sidecar(サイドカー)を使えば、Macで作業する画面領域が拡大されるため、今までより作業効率が飛躍的にアップすると思います。

とても便利な機能ですので、興味のある方は是非お試しください。

Mac ― 初心者におすすめの初期設定

2019年10月9日
スポンサード リンク
スポンサード リンク