Macアプリ –「悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません」の解決法

Macアプリをインストールするときに「悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません」というメッセージが表示されたときの解決方法をご紹介します。

スポンサード リンク

Appleが未審査のアプリは開けない

App Store 以外でダウンロードしたMacアプリを開くときに、「悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません」と表示されることがあります。

悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません

このようなメッセージが表示されるのは、以下の理由によるものです。

Apple公式の「App Store」でリリースされているアプリケーションは、Appleの審査に通過したソフトウェアが配布されているため、比較的安全性が保たれています。

一方、「App Store」以外のウェブサイトで配布されているアプリケーションはAppleの審査を受けていないため、macOSのセキュリティ機能「Gatekeeper(ゲートキーバー)」が働き、不正なソフトやプログラムの実行を停止するため、アプリケーションを開くことをブロックします。

開発元が未確認のMacアプリを開く方法

まず「Control(コントール)」キーを押しながらアプリケーションアイコンをクリックして「開く」を選択します。

コントロールキーを押しながらクリック

続けて「開く」をクリックすると、アプリケーションをインストールすることできます。

Software can not be opened3

ユーザーの自己責任による許可が必要

著者コメント

App Store で配信されているMacアプリに関しては必ず開くことができますが、macOSの「Gatekeeper」による制限が機能し、サードパーティー製のMacアプリに関しては上記のようなメッセージが出てうまくインストールできないことがあります。

この制限を回避するにはControl(コントロール)キーを押しながら「開く」をクリックすると、アプリケーションをインストールできますが、ユーザーによる自己責任で許可する必要がありますので、アプリケーションの配布先や開発元が信頼できるかを確認してから作業してください。

スポンサード リンク

Apple公式サイトでMacを探す

困った友達に教えてあげよう!

error: Content is protected !!