Apple Watch – マスク着用時に iPhone のロックを解除する

マスクを着けたまま、iPhoneの「Face ID(顔認証)」でロックを解除する方法をご紹介します。

通常、マスクを着用したままだと iPhoneの「Face ID」でロックを解除することはできませんが、Apple Watch を使えば、マスクを着けたままでもロックを解除することができます。

スポンサード リンク

マスク着用でiPhoneのロック解除ができる

2021年4月にリリースされた iOS 14.5 以降、マスクと一緒に Apple Watch を着けていれば、iPhone を持ち上げて覗き込むだけでロックを解除できるようになりました。

マスクと一緒に Apple Watch を着けていれば、iPhone を持ち上げて覗き込むだけでロックを解除できます。

引用元:マスク着用時に Apple Watch で iPhone のロックを解除する – Apple サポート (日本)

マスク着用でロック解除するための条件

実際にマスク着用でのロック解除を利用するには、事前に以下のデバイスと設定を済ませておく必要があります。

必要なデバイスと設定
  • iOS 14.5 以降を搭載した Face ID 搭載モデルの iPhone (iPhone X 以降)
  • watchOS 7.4 以降を搭載した Apple Watch Series 3 以降
  • Apple Watch が iPhone とペアリングされている。
  • iPhone と Apple Watch で Wi-Fi および Bluetooth が有効になっている
  • Apple Watch にパスコードが設定されていて、「手首検出」が有効になっている。
  • Apple Watch を手首に装着していて、そのロックが解除されている。
  • 口と鼻がマスクで覆われている。
引用元:マスク着用時に Apple Watch で iPhone のロックを解除する – Apple サポート (日本)

主な設定方法

上記の条件に沿って、実際に設定すべき作業は以下の2つになります。

【iPhone設定】Apple Watchでロック解除を有効にする

iPhoneの「設定」>「Face IDとパスコード」にある「Apple Watchでロック解除」を有効にします。

Unlock iphone wearing mask1

【Watch設定】パスコードと手首検出を有効にする

Apple Watch の「設定」>「パスコード」の順にタップします。

パスコードをオンにする」を有効にして、続けて画面を下までスクロールして「手首検出」も有効にします。

パスコードと手首検出を有効にする

実際の使い方

実際にマスクをしっかり着けた状態で、事前にApple Watchのロックをパスコードで解除しておきます。

次にiPhoneのディスプレイをタッチし、「Face ID」のロックを解除します。最初の1回だけiPhoneのパスコードも手動で入力して解除する必要がありますが、その後はマスクを着けたままでもiPhoneのロックを解除することができます。

外出時のコロナ感染予防に役立つ

著者コメント

コロナ禍において通勤や外出時の人ごみの中で、マスクを外してiPhoneのロック解除をすることはなるべく避けたいところですが、この方法を使えばマスクを外さずにロック解除ができて便利です。

但し、マスク着用でのロック解除は、あくまでもスリープしたデバイスのロック解除しかできないので注意が必要です。

スポンサード リンク

困った友達に教えてあげよう!

error: Content is protected !!