Macアプリ –「Excel」セル内で改行する

Macアプリ「Excel」で、セル内で改行する方法をご紹介します。

スポンサード リンク

セル内で改行する方法

「Microsoft Excel for Mac」でセル内の改行をする時に、キーボードの「Return」キーを押してしまうと、その下の行にカーソルが移動してしまい、セル内での改行はできません。

セル内改行ができないケース

「Excel for Mac ヘルプ」の【シートにデータを入力する】によると、セル内で改行するには、セル内にカーソルを点滅させた状態で以下のキーを入力すると実行できると説明されています。

Mac版 Excelのセル内改行
  • Option + Return
  • Option + Return + Control

実際に操作してみると、ヘルプに紹介されていた方法で正しく実行できました。

セル内改行ができるケース

Commandを使うと改行できない?!

ちなみに、Excelのセル内改行を「command + option + Return」で紹介しているサイトが多く見受けられますが、この通りに操作しても操作できないケースがあります。

Excelヘルプによるセル内改行

上記スクリーンショットは、Excelのヘルプで説明されているセル内改行の方法です。

上記のアプリ内のヘルプで紹介されている上記の2つの方法であれば、確実にセル内改行を実行できます。

キーボードの種類によってキーの印字や配置が異なる

著者コメント

使用しているキーボードがApple純正キーボードなのか、それともサードパーティー製のキーボードなのかによって、キーの印字や配置が多少異なる場合があります。

基本的には「Return = Enter」「Alt = Option」に置き換えて実行すればセル内改行ができると思いますので、是非参考にしてください。

マイクロソフト
¥11,682 (2021/09/17 17:41:38時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサード リンク

困った友達に教えてあげよう!

error: Content is protected !!