Macアプリ ― 削除(アンインストール)する方法

Macアプリを関連ファイルを含めてキレイに削除(アンインストール)する方法をご紹介します。

スポンサード リンク

Macアプリを「ゴミ箱」で削除すると関連ファイルが残る

Macアプリを削除する時は、Dock(ドック)に並んでいる「ゴミ箱」にドラッグ&ドロップするだけでアンインストールすることができますが、様々な設定などが記録された関連ファイルと呼ばれるゴミがMacに残ってしまいます。

フリーソフトの「AppCleaner」を使えば、通常のアンインストールで残ってしまう関連ファイルもまとめて削除することができます。

今回は「AppCleaner」を使って、Macアプリをキレイに削除する方法をご紹介します。

「AppCleaner」をダウンロードする

「AppCleaner」は、FreeMacSoftが開発しているフリーソフトです。

公式サイトでダウンロードし、無料で利用することができます。

チェックAppCleaner

公式サイトにアクセスしたら、最新バージョンの「AppCleaner」をダウンロードします。

AppCleaner ダウンロード

「AppCleaner」をインストールする

初めて「AppCleaner」をインストールすると、以下のようなウィンドウが表示されるので「開く」ボタンをクリックしてMacにインストールします。

AppCleaner インストール

「AppCleaner」の設定・使い方

「AppCleaner」の使い方はとても簡単です。

「AppCleaner」を起動すると、以下のようなウィンドウが表示されるので削除したいアプリケーションをドラッグ&ドロップします。

AppCleaner メインウィンドウ

例えば、「アプリケーション」フォルダを開き、任意のアプリを選択した状態で「AppCleaner」のウィンドウにドラッグ&ドロップします。

AppCleaner

すると、このようにアプリケーション本体以外にも様々な設定が記録された関連ファイル(.plist:プロパティリスト)も自動的に検出してくれるので、本体と関連ファイルをまとめて削除できます。

Appcleaner6

削除するときは「Remove」ボタンをクリックしてアンインストールします。

「Remove」ボタンを押した直後に、「AppCleaner が変更を加えようとしています」という画面が表示されることがありますが、ユーザ名とパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。

Appcleaner7

「AppCleaner」の応用的な使い方

「SmartDelete」機能

「AppCleaner」の「SmartDelete」機能を使うと、削除したいアプリを「AppCleaner」のウィンドウにドラッグ&ドロップすることなく、Dockの「ゴミ箱」でアプリと関連ファイルをまとめて削除できます。

「SmartDelete」機能を使うための設定方法は以下の通りです。

「AppCleaner」の【Preferences(環境設定)】 →【SmartDelete】タブを選択し、「ON」に設定すると利用することができます。

Appcleaner8

リスト一覧・検索からアプリを削除する方法

「AppCleaner」のウィンドウにアプリケーションをドラッグ&ドロップして削除することもできますが、任意のアプリを検索したり、Macにインストールされたアプリ一覧から選んで削除することができます。

「AppCleaner」をリスト一覧・検索から削除するためには、ウィンドウ右上にあるリストアイコンをクリックします。

検索やアプリ一覧から選んで削除

削除したいアプリを検索する場合は、【Search】の項目にアプリの名前を入力します。

リスト一覧からアプリを選んで削除したいときは、【System Application】にある一覧をスクロールして任意のアプリを選択します。

ウィジェットやプラグインを削除する方法

「AppCleaner」は、アプリケーションだけではなく、Macにインストールされたウィジェットやプラグインも削除することができます。

「AppCleaner」を検索・リスト一覧モードに変更後、左上にある【Applications】を【Widget(ウィジェット)】もしくは【Plugins(プラグイン)】を選択すると削除することができます。

ウィジェットやプラグインを削除

トリゾー
「AppCleaner」は、Macの不要なアプリケーションをゴミを残さず綺麗に削除してくれるので、必ず持っておきたいアプリケーションです。無料で使えますので是非チェックしてみてください。
    動作検証

この記事はmacOS Mojave 10.14.4 での動作を確認済みです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク