Macアプリ – PNG画像を圧縮できる「PNG mini」

MacでPNG画像を圧縮できるアプリ「PNG mini」をご紹介します。「PNG mini」は、画質の劣化を抑えながら、ファイルサイズを最大80%小さくすることができるPNG圧縮アプリです。

スポンサード リンク

PNGとは?

PNGは「Portable Network Graphics」の略称で、日本語では「ピン」もしくは「ピング」と呼ばれる画像形式です。

PNGにはインデックスカラー(256色)に対応する8ビット(PNG-8)と、フルカラー(約1,677万色)に対応する24ビット(PNG-24)の2種類があります。

PNGを256色に変換してファイルサイズ圧縮

今回ご紹介する「PNG mini」は、フルカラー(約1,677万色)をインデックスカラー(256色)に変換(減色)することで、ファイルサイズを大幅に削減することができます。

ファイルサイズは元の画像の40〜80%小さくすることができますが、画質はやや低下します。

但し、画質の低下はごくわずかのため、見た目が大きく変わることはありません。

PNG miniPNG mini
価格: ¥250(記事公開時)
カテゴリ: グラフィック/デザイン, ユーティリティ


「PNG mini」の使い方

「PNG mini」の使い方を解説します。

圧縮したいPNG画像を用意し、「PNG mini」を起動して画面上にドラッグ&ドロップします。

PNG画像をドラッグアンドドロップ

次に画面右上にある「Start(スタート)」ボタンをクリックすると、すぐに圧縮が開始されます。

今回サンプルで使用したPNGは、圧縮前は14.4KBでしたが、圧縮後は元の画像より66.73%削減され、結果的にファイルサイズが4.89KBに縮小されていました。

Startボタンをクリックする

ちなみに、圧縮後のPNG画像の保存場所を「Output」で変更することができます。また、圧縮後の画像を元の画像に置き換える場合は、「Replace original」の項目にチェックを入れておきます。

PNGの保存場所を変更

PNG圧縮後の画質は?ビフォー・アフターで比較

「PNG mini」で圧縮したPNGの画質劣化を、ビフォー・アフターで見比べてみました。

PNG圧縮前後の変化

比較的シンプルな画像であれば、圧縮後の画質の劣化はほとんどわからない状態でした。

PNG画像を驚くほどキレイに圧縮できる

著者コメント

「PNG mini」を使えば、ドラッグ&ドロップ操作でPNG画像を簡単に圧縮することができて便利です。

想像以上に画質の劣化も少なく、とてもキレイな状態で圧縮することができました。

とても便利なアプリケーションですので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

スポンサード リンク

困った友達に教えてあげよう!

error: Content is protected !!